ペットフード協会TOP » ペットフードの表示のための添加物便覧

安心・安全なペットフード

ペットフードの表示のための添加物便覧

平成19年(2007年)の6月に『ペットフードの表示に関する公正競争規約』が改訂され、原材料として添加物の表示も義務化されました。これにあわせ、適正な添加物表示の推進の一助となるよう、ペットフードの製造に使用される添加物の名称や用途を整理し、『ペットフードの表示のための添加物便覧』を発行しました。

本冊子には、国内で使用される食品添加物と飼料添加物に加え、米国および欧州でペットフードに使用される添加物が収載されています。国内外で使用される添加物の名称をそろえるための目安となるよう、収載された添加物の名称は日本語と英語が併記されています。

会員社は製品の原材料名表示の修正を行い、平成20年(2008年)の12月より、この表示ルールに沿って添加物名が表示されたペットフードが流通するようになりました。

その後、ペットフード安全法でも添加物を含む原材料名の表示が義務付けられ、現在では、会員社のみならず、国内で流通するすべてのペットフードで添加物が表示されるようになりました。