ペットフード協会について

諸活動

ペットフード協会では「ペットフードの普及、啓発」「ボランティア活動」「調査活動」など様々な活動を行っています。

ペットフードの普及、啓発

毎年、秋に東京で開催される「動物愛護週間・中央行事」や2年に1度開催される「ジャパンペットフェア」、「動物愛護シンポジウム」「動物とのふれあい写真コンテスト」など 全国レベルの催事に積極的に協賛しています。
各種資格検定試験を主催し安全・安心なペットフードを提供するための知識向上に貢献しています。
また、「ペットが運ぶ心と体の健康」をテーマにしたペットの国際見本市「インターペット」の主催、ペットフードに関する各種の講演会にも参加し、業界の正しい知識向上に努めています。

ボランティア活動

雲仙普賢岳噴火や阪神淡路大震災、北海道有珠山噴火、三宅島噴火、新潟県集中豪雨および新潟県中越地震、東日本大震災等での被災動物救済のため、ペットフードの提供、 および会員からの寄付金による援助を実施しています。

調査活動

犬猫の飼育頭数、飼育に関する意識調査など、ペット飼育に関する実態調査を毎年実施しており、日本で唯一のペット飼育に関する調査資料として、多方面に活用されています。
また、農林水産省生産局によって毎年行われるペットフード流通量調査にもデータを提供し、これが業界の市場規模を推算する際の基礎データとなっています。